まだ日の目を見ぬ
次世代を担うラッパーが日本のどこかに存在する…。


フリースタイル戦国時代にメスを入れるべく、
完全なるカウンターとして新たなプロジェクトが発足!
次世代Japanese HIP HOPの真価を見定めるべく、
即席フリースタイルではなく、
自らの生い立ち、人生など「自己紹介」をテーマにしたリリックで挑む、
DOPEでFRESHな次世代の「ラップスタア」を
発掘するラップオーディション!
「ラップスタア」の座を手にした栄えある1名には、
未来を切り開く活動資金300万円を贈呈!

メインMC
若林 正恭

お笑いコンビ「オードリー」のツッコミ担当。多くのレギュラーを抱え、若手MCとして絶大な支持を得ている。
90年代日本語ラップを好み、かつて、自身のラジオで披露した相方・春日への“disラップ”が、その完成度の高さに、ラジオリスナー間を超えネット上でも大きな反響を巻き起こした。

当番組の立案者であり主宰
RYUZO

94年にラッパーとしての活動を開始して以来、MAGUMA MC’s としての勢力的な活動を行ってきたRYUZO。伝説のアナログ「OWL NIGHT」に唯一京都から参加し、日本人アーティストとの共演はもちろんのこと、関西ではほとんどの来日ヒップホップアーティストの前座を務めるなどする。自主レーベル【R-RATED RECORDS】を設立し、【BABY MARIO PRODUCTION】、【FUTURE SHOCK FOUNDATION】、【avex trax】と強力タッグを組んで待望のソロミニアルバム『RELOADED』をリリース。R-RATEDに所属するANARCHYやLA BONO CAPO、YOUNG BERY、NAUGHTYなどのエクゼクティブプロデューサーとしても活躍。

アシスタントMC
岡本 夏美

1998年7月1日生まれ。中学生向けファッション誌『nicola』モデルを経て、2015年9月号より『Seventeen』の専属モデルとなる。『ワイドナショー』準レギュラーとしても活躍。女優としては、『GTO』(2014年)、『地獄先生ぬ〜べ〜』(2014年)など話題ドラマへの出演が続き、映画では『仮面ライダー1号』(16)にもヒロインとして出演、『人狼ゲーム プリズンブレイク』(16)や『ハローグッバイ』(16)にも出演している。最新作としては2017年夏公開『女流闘牌伝 aki-アキ-』の主演を務めている。

Comments are closed.